Languages

L137 hero image

紅茶の淹れ方

紅茶にまつわる伝説のひとつに、「紅茶を入れるには、新鮮な葉をお湯に落とすだけでいい」というものがある。最初の紅茶はおそらくそのように味わったのは事実だが、何世紀もかけて、紅茶を入れるのは芸術の域に達した。

本当に、世界には何百種類ものお茶があります。 この点を説明するために、「中国だけでも、ヨーロッパ全土にあるワインの数よりも多くのお茶がある!」と読んだことがあるかもしれない。 さらに魅力的なのは、この目もくらむような多様な茶のすべてが、カメリア・シネンシスという単一の植物から生まれているということだ。

紅茶、白茶、ウーロン茶、緑茶の4種類だ。

摘みたての "青葉 "が "作られた茶"(実際に買って飲む茶)に変わるのは、自然と育成、畑と工場、工場と加工、つまり栽培と生産技術の正確な組み合わせによる魔法のようなものだ。

ブラックティー

まず第一に、テロワールについてだが...。

植物、土壌、標高、立地、降雨量、日照量など、その土地特有の微気候の結果として、それぞれの茶産地が持つ明確な「原産地」としての特徴です。

例えば、私たちはケニア南西部のケリチョ地区で紅茶を栽培していますが、この地区はケニアのリフトバレー州にあるマウ森林に隣接しています。 そのテロワールは、なだらかな丘陵地帯に青々とした緑の絨毯が敷き詰められた、紅茶にとって夢のような環境です......その品質と収量は、一年中降り注ぐ太陽と雨、赤道直下の暑さを和らげる高地、豊かな火山性土壌の完璧な組み合わせの恩恵を受けています。

TAZO purposeimage2-1

そして、その葉を収穫しなければならない。

それぞれの新芽の先端に近い芽とその2枚の葉を摘み取ることで、最も美味しいお茶ができる。 原則として、新芽が若くて柔らかいほど品質が良い。

edito 2

次は ウィザリングと呼ばれるものが来る

あまりいい響きではないが、その内容は自然に水分を減らすことだ。 葉はできるだけ均等に広げられ、12~16時間ほど放置される。

続くはマセラシオンである

この工程では、葉をやさしく転がしたり、より力強く細かく切断したりする。葉が細かくなると、自然に酸化が始まります。 酸化にかかる時間はわずか2~3時間ですが、紅茶独特の色と風味を引き出すためには欠かせません。

edito4

Then comes the drying

細かく刻まれた茶葉の水分が最終的に安定した状態になり、飲み頃を迎える。

edito5

そして最後が、ソートである。

ここでは、さまざまな大きさの葉がふるいにかけられ、分けられます。リプトン・ティーズ&インフュージョンズの世界では、それぞれに用途があります。

edito3

緑茶...その他のお茶の種類

紅茶とは対照的に、緑茶は酸化しません。カットする前に熱を加える(「蒸す」か「フライパンで炒る」)ことで、茶葉の天然酵素の働きを止め、茶葉の酸化を防ぎます。 その結果、緑茶はその緑色を保ち、典型的な草や草木のアロマとおいしそうな野菜のようなフレーバー・ノートをより強く感じることができます。

白茶は加工を最小限に抑え、デリケートで洗練され、繊細で幽玄で、色もボディも軽やかです。 カメリア・シネンシスを最も純粋に表現しています。

ウーロン茶は、酸化した紅茶と酸化していない緑茶の中間のような存在です。ウーロン茶を作るのは最も難しいのですが、作れば驚くほど複雑な風味と香りが生まれます。 また、他の紅茶とは異なり、この種類の紅茶は何度もスティープすることで風味が向上することが知られている!

これは、新鮮な茶葉から出来上がるまで、紅茶がどのように作られるかの過程である。 何百種類もの紅茶があるのですから、その多様性は想像に難くありません。 だからこそ、紅茶の専門家とテイスターが必要なのです。

テイスティング