Languages

PREVIEW

美味しく感じる方法

歴史上、植物は薬草として利用されてきたし、お茶やハーブティーを毎日飲むことが、臨床や予防の面でどのように有益であるかについては、すでに科学的な証拠がある。お茶の効能は10年以上研究されている。

沸騰した水道水から作られた無糖のお茶や煎じ薬は、99.5%が水分で、糖分ゼログラム、カロリーゼロ。

それだけではありません。紅茶は、フラボノイドと呼ばれる天然由来の生物活性物質のトップ供給源のひとつです。例えば、無糖の紅茶や緑茶を1日2杯以上飲むことは、科学の専門家**が推奨するフラボノイド摂取の最も簡単で効果的な方法のひとつです。

* Jonathan M. Hodgson, Kevin D. Croft, Tea flavonoids and cardiovascular health, Molecular Aspects of Medicine, 2010, Vol 3 (6):495-502

** Crowe-White et al., Flavan-3-ols and Cardiometabolic Health:First Ever Dietary Bioactive Guideline, Adv Nutr 2022,13(6):2070-2083

LIPTON GRETTING 2048x830.jpg

ハーブと健康

お茶やインフュージョンの健康効果に関する研究は、まだほとんど未開拓の分野です。リプトンティー&インフュージョンズでは、このような状況が変わりつつあることを嬉しく思っています。現在、世界保健機関(WHO)さえも、ハーブ療法を含む伝統的な医薬品の使用をさらに拡大しようとしています***。

リプトン・ティーズ&インフュージョンは、科学に根ざしたビジネスです。リプトンには、数十年にわたる経験を生かし、人間の健康、栄養、持続可能性というエキサイティングな分野に取り組む多様な科学者チームがいます。

当社の科学者たちは、世界的に有名な学術機関や産業界のパートナーと協力し、ツバキやハーブ、その他の植物のエキサイティングな可能性を示す研究に取り組んでいます。長年にわたり、私たちは様々な研究調査やイニシアチブを立ち上げ、その結果、人間のウェルビーイングのニーズをサポートする多くの査読付き出版物を生み出してきました。

*** 世界保健機関(2013)WHO伝統医療戦略2014-2023.世界保健機関

edito 1
A4 - 3 BOXES - LEAVES 2.jpg