Languages

ネット・ゼロ・ターゲット

パタゴニアは、サプライヤーや顧客の活動を含め、パタゴニアのすべての活動が気候変動との闘いにおける一歩進んだ変化に貢献するようにしたいと考えています。

私たちは、ネット・ゼロを達成する必要性について、エンド・ツー・エンドのバリュー・チェーンに対する認識を高め、教育し、この重要な旅に同行するよう努めています。
複雑なグローバル・サプライチェーンの温室効果ガス(GHG)排出量を測定・管理することは容易なことではありませんが、私たちはそれを正しく行うことを決意しています。2022年、新経営陣のもと、私たちは科学的根拠に基づく目標(SBTi)にコミットしました。今後、私たちのパフォーマンスと進捗状況を科学的に追跡し、他と比較することができます。

最も二酸化炭素排出量の少ない飲み物

Mask groupOK 1.jpg

植物から作られる紅茶やハーブティーは、他の多くの国際的な飲料に比べ、製造時の加工が最小限に抑えられている。フランスの環境機関Ademeの計算では、紅茶は水道水に次いで二酸化炭素排出量が少ない飲料であり、次点のボトル入り飲料水の10分の1である。これは、紅茶やハーブティーがコーヒーやココアのように焙煎せず、単に乾燥させているだけだからだ。また、一度乾燥させれば、ペットボトル飲料と違って軽くていいので、輸送に必要なエネルギーも少なくて済む。

pie chart footprint

LIPTON Teas and Infusionsでは、環境に配慮した事業に安住するつもりはありません。詳細なロードマップとスケジュールを確立するためのSBTiの詳細な分析結果を待っていますが、できるだけ早くネット・ゼロ・エミッションを達成することを目指しています。

作業はすでに始まっている。8つの加工・包装工場のうち5つがカーボンニュートラルです。東アフリカの茶園では、精密農業のおかげで農作業による排出(温室効果ガス排出の最大要因)を最小限に抑えています。2022年5月現在、世界最大級のオーガニック認証茶園を有し、ケニアの事業で使用するエネルギーの98%は再生可能エネルギーです。

主な事実

5

カーボンニュートラル工場(8工場中)

98%

ケニアの事業で使用するエネルギーの大半を再生可能エネルギーで賄う。

0

埋立廃棄物

廃棄物ゼロを目指して

リプトン・ティーズ&インフュージョンの事業では、すでに廃棄物ゼロを達成しています。そして2025年までに、リプトンのパッケージはすべてリサイクル可能、堆肥化可能、または再利用可能なものにする予定です。

Mask groupOK 1.jpg

それでもなお、私たちは国ごとに、私たちの包装が廃棄物とならず、真に再利用、リサイクル、堆肥化されることを保証する必要があります。私たちは、同業者や公的機関、専門業者と協力し、堆肥化(家庭用および/または産業用)やリサイクルのインフラを開発しています。

Mask groupOK 1.jpg

私たちのティーバッグは、すでに完璧に安全でマイクロプラスチックのないお茶を飲むことができますが、2025年までに100%植物由来とし、有機ゴミ箱や生ごみ入れで完全に堆肥化できるようにします。私たちは2022年に75%を達成し、ヨーロッパは100%でリードしています。