Languages

最高品質*のための比類なき専門知識

リプトン・ティーズ&インフュージョンズでは、150年にわたる紅茶業界での経験を製品の品質に活かしています。

会社を築いた先見の明のある起業家たちの伝統のおかげで、私たちは現在、この貴重な儀式と、それに関連する心身の健康への恩恵を提供する世界的な大手企業となっている。

世界各地に拠点を置き、農園からティーハウスまで一貫して運営することで、私たちは消費者の数え切れないほどの嗜好と、自然が提供できる最高の品質をブレンドする技術の両方に深く精通しています。

そのためには、種から一口飲むまでの3つの重要なステップが必要です。

L38 An unrivalled expertise for the highest quality

最初のステップ*選択と購入

誰もが好む紅茶やインフュージョンを調合しブレンドするためには、責任を持って調達された最高級の原材料を常に探し求めなければなりません。コーヒーやココア、オレンジジュースとは異なり、紅茶やミント、カモミールは実際に収穫される前に先物市場で購入することはできません。これらのデリケートな植物の品質は、土壌、標高、日照時間、栽培技術......同じテロワールであっても、天候や収穫スケジュールなどによって、ある日の収穫が次の日の収穫と大きく異なることがある。

edito2

紅茶を例にとろう。リプトン・ティーズ・アンド・インフュージョンズのテイスター79名が、自社茶園と主要貿易拠点にある15カ国の拠点で、生産承認前にすべてのロットの茶葉をテイスティングしています。世界中で年間100万ロットの茶葉をテイスティングしています。通常、約3分の1が私たちの要求を満たし、購入されます。ケニアのモンバサだけでも、私たちのバイヤーが1週間に平均5,000カップ近くの茶葉を試飲しています。これらの経験豊かなプロフェッショナルは、リプトンティーズ&インフュージョンズの専門家が開発した、洗練された茶葉の分類と採点システムであるTealingo™の手法を熟知しています。

テイスティング
edito3

ハーブ原料を購入する際にも、私たちは同じように厳しい要求をしています。原産国から直接、または当社の品質と持続可能性の要件を満たすパートナーを通じて原料を購入します。適切なレベルのトレーサビリティを確保し、医薬品レベルまで非常に高い水準の品質管理を行っています。パッカの製品はすべて、100%オーガニック、ベジタリアン、乳製品不使用で、合成着色料、合成香料、合成添加物は一切使用していません。また、植物の生息地から持続可能な方法で収穫されています。

もっと読む

ステップ2:ブレンドの技術

ステップ2、ブレンド当社のリサーチ&イノベーション・センターは、おそらく世界で最も包括的な紅茶とハーブの知識の宝庫です。ここでは、ブレンド・デザインのマスター・ブレンダーが、消費者の深い洞察に基づき、あらゆる味覚に合う詳細なレシピを考案しています。例えば、リプトン・イエローには42のバリエーションがあります。ベルギーの紅茶愛好家は、エジプト、トルコ、アメリカ、パキスタンと異なり、好みの飲み方をするためです。

dyp1
dyp2

これらのレシピに基づき、また最新の作物の属性に応じて、当社の調達担当のマスター・ブレンダーが適切なロットを選び、当社の特徴的な紅茶とインフュージョンを一貫してお届けしています。また、当社の工場で物理的にブレンドされた茶葉を試飲し、常にブレンドのゴールド・スタンダードに適合していることを確認します。

インフュージョン全般に言えることですが、選択肢は無限です。リコリスからフェンネルまで、エルダーベリーからターメリックまで、当社の製品は世界中の100種類以上の植物ハーブとスパイスから作られています。そして私たちは、多くの文化的伝統の先祖伝来のハーバリストの伝承と、新鮮な風味を発見する興奮にインスパイアされた新しいブレンドを、定期的に消費者の皆様に体験していただいています。

原材料の一部

1/ 5

Carrousel ingredients
gal2
gal1
gal3
gal4
gal2
gal1
gal3
gal4
Carrousel ingredients
gal1
gal3
gal4
Carrousel ingredients
gal2
gal3
gal4
Carrousel ingredients
gal2
gal1

家庭でも、職場でも、レストランでも、私たちは消費者一人ひとりに毎回、思い出に残るような体験を提供します。

quote
edito4

ステップ3:完璧なサービング

家庭で、職場で、あるいはレストランで、朝、五感を目覚めさせるマサラチャイの温かな一杯から、食後や寝る前のハーバル・インフュージョンまで、私たちは消費者一人ひとりに毎回、思い出に残る体験を提供している。社交の場として分かち合うにせよ、セルフケアのひとときに飲むにせよ、その体験はほとんど普遍的ですが、文化や個人によって大きな違いがあるため、非常に多様でもあります。

edito5

そのため、通常1~3グラムの茶葉が入ったティーバッグを提供しています。完璧なサービスを提供するためにあらかじめ分量が決められており、貴重な茶葉の独特な風味とアロマをカップの中で逃がさないよう、環境に配慮したフィルターペーパーに包まれています。このティーバッグなら、いつでもお好きな茶葉をお選びいただけます。

edito6

そして、究極の紅茶を味わうために最も重要なのが抽出温度である。1910年にリプトンが初めて、淹れ方を印刷したタグを使用したのはこのためです。熱すぎるお湯は植物をやけどさせ、逆に熱くないお湯は弱い煎じ汁を作る。紅茶、プーアール茶、ハーブティーは沸点で淹れる。緑茶と白茶の抽出温度はやや低めで、湯気が出始めるくらいです。