Languages

pukka KF3 2

生物多様性の回復

伝統的に、農業は生物多様性にダメージを与えてきました。リプトン ティー&インフュージョンズでは、農業は破壊的なものではなく、自然を回復させるものであるべきだと考えています。

自然生息地*の管理者

私たちは、自然が自らのルールに従って繁栄するための空間を与えています。古代のムフィンディの森があり、35の世界的生物多様性ホットスポットのひとつであるタンザニアで、私たちは土地の半分以上を自然保護に捧げています。

いくつかの取り組み

1.6M

2000年以降、自社農園に植樹された固有の樹木。

60,000

ヘクタールのケニアのマウ森林を、IDH持続可能な貿易イニシアティブが主導するISLAプロジェクトの一環として、2030年までに回復させる。

70

ヘクタールの森林を保護している。

edito

自然の寛大さを養う

私たちの茶園では、私たちが自然を大切にすることで、自然が何倍もの恩返しをしてくれることを発見しました。私たちの作物は環境と共生しながら育っています。生物多様性エリアや野生生物の回廊には、植物に害を与える害虫を捕食する天敵が生息しています。

L113 Restoring biodiversity

土壌の生物多様性に関する非常に重要な議論が盛り上がっている。健康で生物多様性のある土壌は、植物により多くの栄養を与える。また、より効果的に水分を蓄え、干ばつ時に作物を守る。

2015年、私たちはケニア国立博物館に生物多様性調査を依頼し、報告書の推奨事項を実施しました。報告書によると、私たちの農園は生物多様性に富み、近隣のマウ森林地帯と同様の生態学的機能を果たしていることがわかりました。水路や湖の岸辺はマウとのつながりを維持し、野生生物の回廊となっており、保護・保全が必要である。

ケリチョの茶園には169種の鳥類、23種の哺乳類、113種の蝶、101種の樹木、339*種の植物が生息している。

quote

野生のハーブ*を保護し、社会的に有益で持続可能な利用を確保する。

ハーブ製品に関しては、Pukkaの原料はすべてオーガニック認定を受けています。生態学的プロセスに依存し、生物多様性をサポートし、地域の条件に適応した自然のサイクルを尊重するオーガニック手法で栽培または採取されています。

野生植物の原料に関しては、収穫、取引、使用は厳格な規則に従わなければなりません。取引されている薬用植物や芳香植物の60〜90%は、野生で採集されたものである。需要の増加に伴い、野生植物の取引に関連する最も直接的なリスクは乱獲である。実際、持続不可能な伐採は、ある種の地域的な枯渇や絶滅につながり、極端な場合、伐採が生息域全体に及ぶと、その種の全体的な生存を脅かすことになる。

そのためパッカは、植物が絶滅の危機から保護され、他の種や生態系全体の利益のために生息地が維持されるよう、持続可能な方法で採集が行われることを保証できる場合のみ調達しています。パッカは可能な限りフェアワイルド認証を積極的に追求し、厳格な資源評価、モニタリング、再生調査を通じて、持続可能性を第三者機関が保証しています。

2008年に制定されたフェアワイルド規格の目的は、伝統と文化を尊重し、すべてのステークホルダー(特に採集者と労働者)の生活を支援しながら、野生種とその生息地の個体群の継続的な利用と長期的な生存を確保することです。この基準は、生産者がしっかりとした資源管理計画を実施し、適切な場合には量の制限を含む持続可能な伐採方法を遵守し、公正な価格(フェアワイルド価格)を野生種採集事業者に支払うことを求めている。