Languages

hero

ビール醸造の秘訣

紅茶を淹れる秘訣は、非常にシンプルにまとめることができる。まず、良質な茶葉を買うこと。良いコンディションを保つために、よく保存すること。常に新鮮な水で淹れる。適切な温度で淹れる。そして、ちょうどいい時間蒸らす。それぞれのステップについて、もう少し詳しく説明しよう。

edito1

聞いたことのある紅茶ブランドから買う

もちろん、私たちはそう言うだろう!しかし、それは理にかなっている:最高品質の紅茶は、家庭用ブランドから提供される傾向がある。

かつては手の届かない贅沢品だったものが、今では日常的なご馳走になっている。だから、紅茶に手を抜いてはいけない。リプトンやPGチップスのようなブランドの一杯あたりの典型的な価格を計算すれば、良い紅茶はなかなかお値打ちであることがわかるだろう。

edito2

不要な香りから離して保管する。

買ってきたお茶は乾燥させてあるので、外の湿気を吸い込みやすいのです。

つまり、お茶は密閉容器に入れ、強い味や匂いを吸わないように保管することが大切なのです。

石けん、スパイス、果物、掃除用具などの近くには置かないようにしましょう。冷暗所で乾燥した場所に保管してください。紅茶に関するクレームのほとんどは、家庭や店舗での保管方法に起因しています。

L139 water

:新鮮なほど良い

水の味が "変 "なら、お茶の味も "変 "になる。結局のところ、カップの中のほとんどは水です。新鮮な湧き水が理想的ですが、誰もがそれを利用できるわけではありません!

水道水を使っているなら、フィルターを通してみてください。そうすることで、変な味になる可能性のあるものが取り除かれるはずです。

水が新鮮であることはとても重要だ。水は水道管に滞留していると酸素を失ってしまうので、ケトルに水を入れる前に蛇口を少しひねってください。

お茶をきちんと煎じるには酸素が必要なので、古くなったお湯を沸かし直すのはやめましょう。(必要な分だけ沸騰させましょう)。

edito4

紅茶の温度:薄めの紅茶は低めに。

紅茶は本当に熱いお湯で淹れるべきです。100℃になるように沸騰させた新しいお湯で淹れるのがベストです。

緑茶はややデリケートだ。その風味は熱湯にはあまり反応しないので、沸騰してから冷ますのが理にかなっている。沸騰後1~2分置いてからお茶を注ぐとよいでしょう。

L140 Oolong

ウーロンをあまり長く淹れないでください。

...いや、他の "真の "紅茶でもいい。淹れる時間が長すぎると、飲み物の味がきつくなり、苦くなります。

リプトン・ティーズやインフュージョンズを含む多くのブランドの紅茶は、3~5分を限度に淹れてください。一般的な緑茶は1~3分です。

フルーツベースのインフュージョンや他の植物(ミントなど)を使ったハーブティーの場合は事情が異なります。これらの場合は、長い方が良い場合もあります。プッカのファンの多くは、袋のままが好きです!